文字サイズ

磐城前監督、ノッカーなら参加可能に 甲子園高校野球交流試合

 磐城(福島)の前監督で4月から福島商に転勤した木村保教諭が、8月10日開幕の「2020年甲子園高校野球交流試合」において、「令和2年度大会参加者資格規定」により、ノッカーであれば、大会参加できる方向であることが分かった。

 中止となった春のセンバツが通常通り開催されていれば、木村教諭は磐城の監督として甲子園で指揮を執っていた。そのため、日本高野連の小倉好正事務局長はノッカーとしての登録に関して「両校校長から要望があれば、検討させていただく。許可する方向で考えています」と説明した。

 また、前出の同規定でいけば、3月31日付で退任した広島新庄前監督の迫田守昭氏は現在教員でないため、同校学校長の委嘱があれば監督として指揮を執ることも可能となる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス