文字サイズ

楽天・オコエの投稿にいいね13万件…同じ境遇の人へ「少しでも励みになれば」

 楽天のオコエ瑠偉外野手(22)が15日夜に投稿したツイッターに多くの共感のコメントが続いている。周囲との肌の色の違いで自身が幼い頃から経験してきたことをつづったツイートは、投稿から18時間が経過し、3万5000件以上のリツイート、13万件のいいねが押されている。

 オコエは15日深夜にツイッターを更新。「まず、俺は誰も責める気は無い。文句も言う気もない。世界的にこういう状況で、俺自身の体験を知りたいというメッセージの多さ、おんなじ境遇の人、またその両親の少しでも励みになればと思い、炎上覚悟で投稿します。ただ自分の物凄く嫌だった過去をさらけだします」(原文ママ)と切り出した。

 さらに前置きとして「まず最初に言いたいことが、これが差別だとかどうとかそんなのは本当にどうでもいい話。この話は俺自身の体験であって、これをみてる大半の人には当てはまらないからこういう人もいるんだな~くらいで大丈夫です」と記し、自身が経験してきたことを記した。

 保育園の時に先生が「醜いアヒルの子」を読み聞かせた時に周囲からジロジロ見られ、笑われたことが「俺が周りとは違うと初めて認識させられた出来事だった」と明かす。同じく保育園で両親の似顔絵を描く時には「反抗心からか涙ながら」に茶色のクレヨンで親の顔を描いた。小学校で始めた野球で頭角を現すようになった高校時代には「周りのOB会など外人なんて高校野球で使うんじゃ無いだの、甲子園には黒人はでるな」などの心ない言葉も耳に入ったという。

 米国ミネソタ州で起きた白人警官による黒人男性暴行死事件を受け、女子テニスの大坂なおみ(日清食品)らが、人種差別などに対する抗議行動への支持を表明。世界的に抗議の流れが広がる中でオコエもこの投稿を行ったものと見られる。

 オコエは経験してきたことに「正直、もう俺の人生にはつきものだから慣れたよ」と記す。最後には「今後、自分の子供ができて同じ経験をさせないようはどうすればいいのだろう。と考えてる人。そういう人たちの共感につながればいいな」と結んだ。

 コメント欄には「むかし、何気なく使っていた『肌色』という言葉。何という世間知らずな表現だろうか」、「楽天ファンでそんな悲しい事を思うファンは1人もいないよ!」、「だからこそオコエ選手は優しい心を持っていて笑顔が多いのかなと思いました」など投稿に共感した人々からの書き込みが続いた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス