文字サイズ

京都府高野連 独自代替大会7・11開幕 8ブロックのトーナメント目指す

 京都府高野連は8日、選手権大会中止に伴う独自の代替大会を「令和2年度夏季京都府高校野球ブロック大会」という名称で開催することを発表した。未定の部分を残すが、7月11日開幕で参加校の1位を決める形ではなく、8ブロックによるトーナメント方式の開催を目指す。

 試合に関しては7イニング制でタイブレークは八回から採用。原則無観客開催だが、保護者や当該部員の入場も今後検討するもよう。京都府高野連の米川理事長は「選手が一生懸命頑張れるような大会ができれば」と話し、今後の部活動の再開状況などによっては開幕を7月18日に遅らせ、16ブロックのトーナメント方式を採用する可能性もある。

 また、滋賀県高野連も、7月18日開幕で独自の代替大会開催を発表した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス