文字サイズ

兵庫県高野連、代替大会実施も甲子園球場使用せず 他都道府県の高校に配慮「使えない」

 兵庫県高野連は4日、神戸市内で第2回理事会及び支部長会を開催。夏の選手権大会中止を受け、代替大会として「令和2年度夏季兵庫県高校野球大会」の開催を決定したことを発表した。日程は7月18日から8月7日までで、7月中は土、日、祝日のみの開催という点と、実施される14会場も発表されたが、甲子園を使用しないことも合わせて発表された。

 会議後の会見で、兵庫県高野連の福留和年理事長は「(甲子園は)使わない、使えないですね。実際問題、すべての学校ができるわけでもないし、全国の学校も現段階では(使わない)。こういう状況で、知事さんからありがたい話で『サポートするよ』と言っていただいたのですが、我々高野連としては使えないだろうと理事会で決定しました」と説明した。

 兵庫県の井戸知事が2日の段階で、甲子園での兵庫の代替大会開催を提案するような発言を行った。そのため「知事さんから話はいただいたので、議題には上がりました」とこの日の会議でも話し合われたものの、他都道府県の高校などが甲子園を使えないことなども考慮して、使用しないことを決めた。

 また、大会は無観客での実施も決定したものの、応援については当該校の控え部員及び、3年生部員の保護者(1部員につき2名までとし祖父母、兄弟は不可)が認められる。なお、今後組み合わせが決定後も、日時と場所の公開は新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から行わない方向だ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス