文字サイズ

巨人・原監督、選手の個人練習を評価「非常に順調に時を使ってくれている」

 巨人は31日、東京ドームで1、2、3軍合同の紅白戦2試合を行い、原辰徳監督は個々の動きのよさを評価した。

 第1試合ではドラフト2位・太田龍(JR東日本)が先発し4回1安打無失点と好投。第2試合ではローテ入りが内定している田口が3回無失点、サンチェスが4回1失点の内容。1軍は3月25日以来の実戦となったが「ジャイアンツの選手たちはよく分かっていました。非常に順調に時を使ってくれていると思います」。個人練習の期間の調整を個々が行っていたと納得の様子で振り返った。

 左肘痛から復帰し、ローテを争いに参戦したメルセデスは1回を無失点。「順調に気持ち良く放っている気はしますね」と及第点をつけた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス