文字サイズ

無観客試合でのスカウト視察は…NPB12球団から意見集約へ

 22日に開かれる臨時の12球団代表者会議で、日本高野連など関係団体との無観客試合におけるスカウト視察に関する協議について、各球団から意見を募る見通しとなった。日本野球機構(NPB)の井原事務局長は20日、「12球団代表者会議で、12球団のみなさんにお伺いしたいと思います」と話した。

 この日、第102回全国高校野球選手権大会、49地方大会の中止が正式決定。また、中止となった各地方大会の“代替”の大会を模索する動きも出てきているが、その場合も無観客が基本線とみられており、スカウトの視察については見通せない状況となっている。

 高野連の協議について、同事務局長は18日に「まずはご相談ベースでお話をしないといけないと思っている。先方の事情があるし、いろいろ今、検討されているところでしょうから、もう少し状況を見て」と、相手方への配慮を大前提とする姿勢を示している。22日の会議で各球団の意見を聞く運びだが、その後は慎重に状況を見ることになりそうだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス