文字サイズ

横浜商大・藤村、毎回の6奪三振 今秋ドラフト候補、阪神など5球団視察

 「オープン戦、早大2-0横浜商大」(26日、早大グラウンド)

 今秋ドラフト候補の横浜商大・藤村哲之投手(3年・愛工大名電)が先発し、5回2失点にまとめた。序盤に失点したが、三回以降は立ち直りに成功。阪神など5球団の前で毎回の6奪三振と光るものを見せた。

 回を追うごとに直球の威力が増してきた。「四、五回ぐらいからインコースに強いボールが投げられるようになった」と手応え。スライダーなど変化球とのコンビネーションも生かし、尻上がりに調子を上げていった。

 立ち上がりの失点を反省しながら、「崩れなかったことはよかった」と先発の役割は果たした。視察した中日・小山スカウトは「(真っすぐは)力強いと思う。いいボールを投げている」と評価。OBには阪神・岩貞らNPBへと巣立った好左腕がそろう。同じサウスポーとして大学ラストイヤーに磨きをかける。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス