文字サイズ

プロ野球応援スタイル見直しも 対策確立へファンに理解求める

 NPBとJリーグが合同で立ち上げた「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第3回会合が12日、都内で開かれ、3人で構成される専門家チームから同ウイルスの感染症対策についての提言書を受け取った。提言書は8ページにわたり、選手の対応や応援方法まで細かく記載された。

 「第3回新型コロナウイルス対策連絡会議」での専門家チームからの提言を受け、プロ野球特有の応援方法も見直しが必要となった。

 専門家から感染リスクが高いと指摘された応援スタイルには、ジェット風船、トランペットなどの鳴り物応援やメガホンを打ち鳴らしての応援から、広島のスクワット応援、西武などで見られるフラッグ応援など具体的な例も挙げられた。

 また感染リスクが要検討とされた中には、巨人の新外国人・パーラの「サメダンス」、巨人などの応援タオルを回す、横に広げて左右に振るスタイルも指摘されていた。

 NPB・井原事務局長が「必ず守らないといけない提言」と話すように、開幕へ踏み切るには開催球場での感染防止対策の確立が重要となり、開幕後はファンの応援に関しても感染のリスクとならない方法が求められる。

 DeNA・三原球団代表は「何にしてもファンの人たちや応援団に協力をしてもらわないとできないこと。そこは時間をかけて丁寧にやらないといけない」と、ファンの理解を求めていくとした。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス