文字サイズ

DeNA・大貫、豪州“修行”の成果みせる 開幕ローテ入りへ意欲

 4日の楽天とのオープン戦(静岡)で今年初めて1軍戦で登板するDeNA・大貫晋一投手(26)が2日、開幕ローテ入りに意欲を燃やした。静岡・桐陽高時代に慣れ親しんだマウンドで存在感を放つ。

 オフに豪州ウインターリーグに参戦し、今年1月末まで実戦で鍛錬を積んだ。体は十分に仕上がっており、春季キャンプは2軍でじっくり調整してきた。この日、草薙球場で体を動かした大貫は「開幕が近いので、しっかり自分のピッチングができれば」と力を込めた。

 豪州では昨季被打率・376と苦戦した左打者対策として、カットボールを磨いてきた。「左打者をいかに抑えるかがポイント」と右腕。同球場で投げるのは高校3年時の夏以来。現状、開幕ローテ入りを当確させているのは今永と浜口だけ。思い出の地で猛アピールする。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス