文字サイズ

巨人新外国人サンチェス、1回を3ラン被弾など5安打5失点「きょうは失投が多かった」

1回広島2死一・二塁、広島・安部(手前)に3ランを許す巨人 エンジェル・サンチェス=沖縄セルラースタジアム那覇(撮影・高石航平)
2枚

 「オープン戦、巨人-広島」(24日、沖縄セルラースタジアム那覇)

 新外国人のサンチェスが先発で実戦初登板した。予定の1回を5安打5失点だった。

 先頭の田中に右前打で出塁されると、1死後、坂倉に右中間適時三塁打を浴びてあっさり先制された。続く4番・鈴木誠の左犠飛で2点目。さらに連打で一、二塁とされ、安部に3ランを被弾した。

 昨季韓国リーグで17勝、防御率2・62の好成績を収めたドミニカン。球が高めに浮くなどこの日はその片鱗を見せられず、菅野との先発2本柱として期待を寄せられている中でホロ苦デビューとなった。

 「腕の振りとかそういうことに関してはよかったけど、タイミングが悪くて球が浮いてしまった感じです。今日は失投が多かった」と振り返った。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス