文字サイズ

石川VS小川 ヤクルト“開幕バトル”18日に第1ラウンド

 「ヤクルト春季キャンプ」(17日、浦添)

 見つめるのは一つしかないイスだ。18日のDeNAとの練習試合(浦添)で先発するのは、今年1月に不惑を迎えた石川雅規投手(40)、2番手で登板するのが小川泰弘投手(29)。ヤクルトの開幕投手を懸けた第1ラウンドを前に両者が火花を散らした。

 オフは同じ「森永製菓トレーニングラボ」で自主トレに励んできた。仲間であり、互いに認め合うライバルだ。石川が「小川とはバチバチやっていきたい」と言えば、「開幕投手は自分がやらないといけないと思っている」と小川。ともに譲るつもりはない。自覚と覚悟を言葉に宿した。

 石川は第1クールから100球を投げ込むなど、「ここまで順調にきている」と充実顔だ。小川は念入りにシャドーピッチングをするなど最終調整に励んだ。高津監督も「これからイニングを重ねて、開幕投手を争ってほしい」と期待を寄せる二人。3月20日・阪神戦の先発マウンドを射止めるのはどっちだ-。アピール合戦がいよいよスタートする。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス