文字サイズ

ロッテ・ドラ1朗希、理想は落ちない直球 令和の怪物語った1年目の目標、未来の姿

 ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)=大船渡=が、デイリースポーツの直撃インタビューに応じた。高校球界最速となる163キロをマークした黄金新人。今季のプロ初勝利に向けた強い決意、球速や球筋へのこだわり、人生初の甲子園登板に向けての熱意-。スーパースター候補の本音に迫った。

  ◇  ◇

 -プロの練習で一番驚いたことは。

 「練習メニューの量が、一日にたくさんあって。当然ですけど、高校よりも多いですし。たくさんのことをやるなと」

 -一番楽しかったことは。

 「練習はつらいですけど、充実しているという面では楽しいです」

 -プロ入り後、最も大変だったことは。

 「最初は(チームメートの)名前とかも全然、覚えられなくて。時間がたって名前と顔が一致するようになった。ユニホームを着ているので、後ろで確認しました」

 -同期入団で仲良しの選手は。

 「みんな、仲がいいです」

 -頼りにしているチームの先輩は。

 「古谷さんと種市さんです。野球だったり、野球以外のことも聞いています」

 -担当の柳沼スカウトは、石垣島キャンプでも練習を見守ってきた。どんな存在か。

 「知らない環境に来て、最初に一番頼りにさせていただきました」

 -練習は、プロ入り前にイメージしていたものと比べて、実際のところはどうか。

 「だいたいイメージ通りです。(投球や打撃は)当然、高校生よりもすごいなと思います」

 -ブルペンで投手の投球を見る際は、どんなところを見ているのか。

 「ボールから感じるもの。直球や変化球。人それぞれ速いだったり、伸びがある、キレがあるだったり。そういうのを感じています。特徴とか、人のいいものを見て、勉強して全て自分のものになるわけじゃないですけど、いいものがあったら自分に取り入れたい。フォームを見る時もあります」

 -理想の直球の軌道は。

 「落ちなければ、いいかなと。快速球というか。とにかく速く、すぐにミットに入るように」

 -高校球界最速となる163キロをマークした。ファンは、スピードにも期待している。

 「速いボールを投げて、夢を与えるのがプロ野球選手だと思う。それを楽しみにしているファンの方もいると思います。できるだけ速い方がいいと思います」

 -プロ野球最速は、日本ハム時代の大谷翔平(現エンゼルス)がマークした165キロ。

 「最初はそこです。1キロずつかなと思います」

 -いつかは170キロをマークしたい。

 「そうですね。可能性は、ゼロじゃないと思います」

 -プロ1年目の究極の目標は。

 「1軍での初勝利は、達成したいなと思います。1年目から1軍で投げられたら、経験値が違うと思う。焦ることはないと思うんですけど。順調にいけば達成できると思う。今のうちから、できることをやっていきたいです」

 -高校時代には甲子園のマウンドに上がっていない。今季の交流戦は、甲子園で阪神戦(5月26日から3連戦)が行われる。

 「甲子園は行ったこともないので、投げる機会があれば投げたいです」

 -阪神のイメージは。

 「(大船渡の)周りに阪神ファンが、多いんです(笑)。近本さん、梅野さん、木浪さん、大山さん、糸原さん、糸井さん。福留さん。高山さん。ピッチャーは、西(勇)さんと高橋遥人さん。僕は、北條さんや藤浪さん(を見ていた)世代です。(デイリースポーツは阪神が)勝つと(題字が)虎のしっぽになるんですよね」

 -今後、研究や勉強していきたいことは。

 「サプリメントとか。トレーニングをやるからには、最大限の力を得たいですし。なるべくロスのないようにしていきたいと思います」

 -リラックス法はどんなものがあるのか。

 「その時にしたいことをすることが一番。音楽を聴いたり。集中し、リラックスします。(音楽は)J-POPで『あいみょん』とか。今どきのです(笑)。ゲームもします。大船渡にいた時は『パワプロ』をしたりしました」

 -いつも、心に刻んでいることは。

 「あいさつとか。初対面が大事だと思う。常識として。そこは大切にしています」

 -話は変わるけど、ここまでのプロ生活で一番うれしかったことは。

 「たくさんのファンの方々が(キャンプ地の)石垣島に足を運んで見てくださった。素直にうれしかったです」

 -多くのファンから注目を集めていることについて、どう思っているのか。

 「その分、しっかり頑張っていかないといけない」

 -キャンプには家族が訪れた。岩手を離れて寂しい気持ちはあったか。

 「思ったよりは、なかったですけど。家はいいなと思いました」

 -家族に連絡は。

 「時間のある時に、お互いの近況報告をしています」

 -母親はどんな存在か。

 「特にしつけられたこともないですし、自由にさせてくれたので。良かったなと思います」

 -怒られなかった。

 「怒られていないんです。僕は怒られると結構、やる気をなくすので(笑)。普段、なかなか怒られないので」

 -最後に“令和の怪物”と呼ばれていることについて、どう思っているのか。

 「そうなれるように頑張りたいなと思います」

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス