文字サイズ

中日・ドラ1石川昂 4番サードへ英才教育だ!遊撃守備で本職鍛える

 「中日2軍春季キャンプ」(2日、読谷)

 中日のドラフト1位・石川昂弥内野手(18)=東邦=を「4番・三塁」へと導く英才教育が始まった。守備練習では本職の三塁ではなく、遊撃のポジション。これは仁村2軍監督のアイデア。全ては三塁の守備力アップにつなげるためだ。

 カットプレーに投内連係、そして内外野別のノックと続いたメニュー。石川昂の姿は常に遊撃のポジションにあった。「勉強。カットプレーのときにショートはどう動くのか。分かれば、指示も出せる。送球も、この体勢ならサードにどういう送球が来るとか分かるよね」。発案者の仁村2軍監督はそう説明する。

 石川昂も「ショートはやっぱり三塁より足を使うのですごく勉強になる」とうなずいた。3日はシート打撃が予定されており、打席に立つ予定。「結果というより、多分、(投手の生きた球を)見られてよかったとなると思います」。守備でも打撃でも日々勉強。全てが将来への糧となる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス