文字サイズ

ロッテ・ドラ1佐々木朗“宝物”持参して入寮 さらなる進化へ筋肉辞典も!

 ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)=大船渡=が8日、さいたま市のマリーンズ寮に入寮した。最速163キロ右腕は、同級生からの寄せ書きが入った大船渡のユニホームを持参。ともに汗を流した仲間たちの思いを胸に、プロ野球人生をスタートさせる。

 約70人の報道陣、テレビカメラ7台が待ち構える中、佐々木朗は学生服姿で入寮した。

「寮生活は初めて。不安な気持ち、野球をたくさん、思う存分できる楽しみな気持ちです」。高鳴る思いを抑えるように淡々とした口調で心境を語った。

 “宝物”を持参した。胸の部分に「朗希へ 最高の仲間より」と書かれた大船渡のユニホーム。高校の同級生たちからの熱いメッセージがずらりと入っていた。「たくさんのチームメートと野球をやってきて、ここまで来られた。その思いを忘れずに、これからも野球を頑張りたい」。激励を胸にプロの世界に飛び込むと心に決めた。

 1年目は肉体の強化が最大のテーマ。それにふさわしい本も持参した。井口監督の著書とともに持ち込んだのが「プロが教える筋肉のしくみ・はたらきパーフェクト事典」だ。「筋肉の名称とか、どこにどういう筋肉があるか知っていれば、トレーナーさんと話す時にスムーズに進む」。“令和の怪物”は自らのボディーも分析、研究して進化を遂げる。

 「いろいろなことに慣れて経験を積んで、充実した1年になれば」と言葉に決意を込めた。高校球界最速163キロの大物新人。心技体を鍛錬する20年が幕を開ける。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス