文字サイズ

日本ハム・斎藤佑 2020年へのテーマは「球速アップ」自主トレを公開

 ケビン山崎氏の指導を受ける斎藤=都内(撮影・金田祐二)
3枚

 日本ハム・斎藤佑樹投手(31)が26日、トレーニングジム「トータル・ワークアウト 六本木ヒルズ店」で自主トレを公開した。

 2020年に向けたテーマは「球速アップ」。課題を「股関節の内外旋の可動域が狭い」「支点となる股関節周辺の筋肉の意識が弱い」「体幹の分離的運動が弱い」と3つ分析し、動作解析とトレーニングを組み合わせて毎日2時間、復活を目指して取り組んでいる。

 今季は11試合に登板して0勝2敗、防御率4・71。2年連続で白星なしに終わったが、ショートスターターに可能性を見いだした。

 斎藤佑は「契約更改で話した通り悔しいシーズンでしたし、チームとしても優勝できなかったので。来年は個人的にもチームとしてもという気持ちです」と決意をにじませた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス