文字サイズ

47歳・新庄剛志氏が現役復帰「もう一回プロ野球選手に」清原氏に感化!トレ再開

 阪神、日本ハム、米大リーグ・メッツなどでプレーした新庄剛志氏(47)が13日までに、自身のインスタグラム上で現役復帰を目指すことを宣言した。06年に現役引退後は球界から姿を消していたが、来年の12球団合同トライアウトを目指し、トレーニングを再開したことを明かした。現役時代に球界を盛り上げた“新庄劇場”が13年ぶりに幕を開けた。

 さすがに無理だろう…。でも、新庄氏なら実現してしまうかもしれない。47歳からの現役復帰挑戦。前代未聞で奇想天外なプランは、インスタグラムの動画で明かされた。

 金髪で日焼けした同氏は、笑顔でサムズアップして登場。「みんな夢はあるかい?」と呼びかけた後、衝撃的な発言が飛び出した。

 「1%の可能性があれば、必ずできる!今日からトレーニングを始めて、もう一回プロ野球選手になろうと思います。みんなも何か挑戦しようぜ!」

 06年の現役引退から13年が経過。無謀とも思える挑戦が本気であることを証明するように、次々と動画をアップした。バットでサンドバッグを打ち、ボールを勢いよく投げ込むシーンも。体幹トレーニングで「わあぁ…」と声を上げながら追い込む場面も公開した。

 さらに、YouTubeでは真意も語った。清原和博氏が公開トライアウトで監督に就任することを受け、「脳が面白いなと。俺も何かできることないかな」と一念発起を決めたという。

 「99%無理。でも、めちゃめちゃ面白いでしょ!?応援してくださいとは言わないけど、楽しんでください。『何言ってんだこいつ?』って思ってくれていい」。当面の目標には、来年の12球団合同トライアウト参加を掲げた。

 今後は在住中のバリ島を離れ、日本でトレーニングに励む予定だ。目の衰えをカバーするために、バッティングセンターで180キロの球で目慣らしするプランも披露。「ジャンクフードはやめた!日本食とイタメシしか食べません(笑)」と、新庄節も交えながら、熱く決意を語り続けた。

 現役時代は破天荒な言動で注目を集めた。阪神では引退騒動や、敬遠球を打つサヨナラ打もあった。メジャー挑戦を経て04年に移籍した日本ハムでは、かぶりモノや打法命名などで注目を集めた。

 06年は本塁打談話で「28年間思う存分野球を楽しんだぜ。今年でユニホームを脱ぎます打法」と発表して引退を表明。チームを日本一へ導き、球界を去った。

 記録以上にファンの記憶に残ったスーパースター。誰もが無謀と感じる挑戦だからこそ、実現させてしまうかもしれない。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス