文字サイズ

国士舘が決勝進出、2年連続センバツ出場へ“王手”

 「秋季高校野球東京大会・準決勝、国士舘5-0城東」(9日、神宮球場)

 国士舘が快勝で2年連続のセンバツ切符に“王手”をかけた。0-0の投手戦となったが、六回1死満塁から中西健登投手(2年)が右翼へ先制犠飛。八回に6安打を集中させて4点を追加し、中西が9回無四球で締めた。

 高校入学後に投手へ転向したスリークオーター右腕は「ストレートと変化球が低めに決まったのがよかった」と、許した安打はわずか2安打と安定感抜群だった。「ここまで来たら優勝したい」と闘志十分。永田昌弘監督は「力の差は帝京さんの方が上。思い切ってやらせます」と10日の決戦へ向けて自然体で臨む。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス