文字サイズ

侍の4番・鈴木が特大3ラン!打った瞬間に確信する今大会チーム1号

3回、3ランを放つ広島・鈴木誠也=台湾・桃園国際野球場(撮影・中田匡峻)
3枚

 「プレミア12・1次ラウンド、日本-プエルトリコ」(6日、桃園国際野球場)

 侍ジャパンの4番・鈴木(広島)が特大の3ランを放った。

 三回、1点を先制してなお2死一、三塁。左腕ソトの直球を呼び込み、左越えに打った瞬間にそれと分かる一撃。鈴木も確信し、ゆっくりとダイヤモンドを一周した。

 この回は、2死一塁で菊池(広島)のボテボテの遊撃内野安打で好機拡大。続く近藤(日本ハム)の一打もボテボテの一塁内野安打となり、送球エラーも重なって三走が先制のホームを踏んだ。

 先発のサブマリン・高橋礼(ソフトバンク)は抜群の立ち上がり。三回までひとりの走者も許さず、9つのアウトを重ねた。

 直球、変化球でタイミングを外し、9アウトのうち8つが内野ゴロ。持ち味を存分に発揮し、リズムを作った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス