文字サイズ

ロッテ・荻野 FA宣言せず残留「まだまだ恩返しできていない」

 ロッテの荻野貴司外野手(34)が31日、ZOZOマリンスタジアムで取材に応じ、今季取得した国内FA権を行使せず残留することを発表した。「ケガが多かったが、10年間ユニホームを着させてもらった。まだまだ恩返しができていない」。

 プロ10年目の今季、腰痛で一時離脱はあったが自己最多の125試合出場で打率・315、10本塁打、46打点、26盗塁。キャリアハイだった。球団も高く評価しており、今季の年俸4500万円(推定)から大幅増の好条件を用意したようだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス