文字サイズ

明大・森下は出場せず、立大に敗れ4回戦へ突入 「次につながるように」

ベンチから声援を送る明大・森下(中央)
2枚

 「東京六大学野球、明大1-6立大」(28日、神宮球場)

 明大が逆転負けを喫し、1勝1敗1分けとなった。29日に4回戦が行われる。

 初回に1点を先制し、幸先の良いスタートを切った。先発・竹田祐投手(2年・履正社)は四回まで無失点投球。だが五回に味方の失策も絡んで逆転を許し、4回2/3を4失点(自責0)だった。打線も二回以降は、相手を崩すことができなかった。

 広島からドラフト1位指名された森下暢仁投手(4年・大分商)は出場せず。主将として、4回戦へ向けて「自分たちも次につながるように、後輩たちも来年につなげられる終わり方ができればいいなと思います」と語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス