文字サイズ

ソフトバンク・高橋礼 ハイテンポ投球で7回1安打0封

 「日本シリーズ・第2戦、ソフトバンク6-3巨人」(20日、ヤフオクドーム)

 五回裏2死まで互いに走者を許さない至高の投手戦。ソフトバンク・高橋礼は巨人先発のメルセデスに一歩も引かず、7回を投げ切った。許した安打は七回2死一塁からの1本だけ。「集中力を切らすことなく自分の投球ができた」と晴れやかに言った。

 日本野球機構(NPB)が試合時間短縮への貢献を表彰するスピードアップ賞に輝いた両先発の投げ合い。高橋礼は「テンポは(打者を)抑えるために大事。すごくいいスピードで試合を進めたらいい」との宣言通り次々アウトを重ねる。「子どもの時から東京ドームで巨人戦を見ていた」と思い入れのある相手から白星をつかんだ。

 右下手から伸びる速球が武器だが、この日は変化球の精度が抜群だった。一~二回にスライダー、シンカーを決め球に中軸を3者連続三振。六回に死球で初の走者を背負ってもしのぎ、七回は2死一、三塁で力を振り絞る。変化球で2打席連続三振に仕留めていた阿部に対し、速球を3球続けて三ゴロに打ち取った。

 ルーキーだった昨年の日本シリーズは中継ぎで活躍した。今季はプロ初勝利を手始めに12勝を挙げ、手薄な先発陣を支えた。チームはこれでポストシーズン8連勝。同一年でのプロ野球新記録となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス