文字サイズ

ヤクルト・高津監督ヤったぜ初仕事 封筒一度ポロリも…奥川引き当てた

 「プロ野球ドラフト会議」(17日、グランドプリンスホテル新高輪)

 ヤクルト・高津臣吾監督(50)が、どデカイ仕事を成し遂げた。3球団競合の末、奥川を引き当てる強運。「当たる気がしなかった。すごい複雑。うれしいのはうれしいですけど。運は持ってないと思っていた。こんなところに残っていてうれしい」とビックリした表情で振り返った。

 作戦が奏功した。阪神・矢野監督、巨人・原監督が後に控える中、最初にクジを引いた。「1回混ぜて、最初に手に当たった封筒を引こうと思っていた」。手にした封筒を現役時代の宝刀シンカーばりに一度は落としたが、しっかりと当たりを射止めていた。

 奥川への期待は大きい。「即戦力として、今年の投手の中で一番と思っている。スピード、コントロール、変化球も素晴らしい完成度の高い投手。ヤクルトの中心選手として、エースとして考えていってほしい。日本を代表する投手になってほしい」とエールを送った。

 監督就任の初仕事でこれ以上ない成果を挙げた。最下位からの浮上に向け、幸先の良いスタートを飾った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス