文字サイズ

巨人・原監督は無念…抽選2連敗 堀田に期待「エースになってくれる素材」

東芝・宮川のくじも外し、顔をしかめる巨人・原辰徳監督=グランドプリンスホテル新高輪(撮影・金田祐二)
3枚

 「プロ野球ドラフト会議」(17日、グランドプリンスホテル新高輪)

 巨人の原辰徳監督が抽選に臨み、奥川恭伸投手(星稜)を3球団競合の末に外し、続いて宮川哲投手(東芝)を西武との抽選で外し通算成績1勝10敗となった。

 外れの外れで堀田賢慎投手(青森山田)を単独指名し1位を確定させた。

 奥川は最後に抽選箱に手を入れ、残りものに福があると期待したが、交渉権確定と記した紙は残っていなかった。「非常にジャイアンツとしても、私としても非常に残念ですけどね。福があれと残り物というところでいましたが、果たすことはできなかった」と残念がった。

 それでも球団は将来性は高く評価している堀田の指名権を獲得。「僕の中では非常に将来性のある素晴らしい投手だと思っております。彼の体は大きいですし、伸びやかな、柔らかい。近々未来、ジャイアンツでエースになってくれる素材だと思っています」と喜んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス