文字サイズ

履正社 6戦連続コールド勝ちで4強進出 近畿大会出場へ王手

 「秋季高校野球大阪大会・準々決勝、履正社8-0東海大仰星」(4日、豊中ローズ球場)

 履正社が6戦連続となるコールド勝ちで4強進出決定。近畿大会出場へ王手をかけた。「5番・右翼」で出場した大西蓮外野手(2年)が、3点を奪った初回に適時打を放つなど、3打数3安打1打点の活躍で勝利に貢献した。

 「前回(準々決勝で4タコ)良くなかったので、しっかりとトップを作って打とうと思いました」と大西。初回1死二塁から右前適時打で3点目を挙げ、三回には中越えの三塁打で長打力をアピール。ドラフト候補で、日本一のチームで4番だった井上広大外野手(3年)と同じ背番号を背負う大砲候補だ。

 「井上さんと比べられることはあると思いますが、負けないようにがんばりたい」と力を込めていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス