文字サイズ

ドラフト候補の奈良学園大・菅田、“二刀流”で大学最後の試合終える

 「近畿学生野球、神戸大5ー0奈良学園大」(27日、南港中央野球場)

 ドラフト候補の奈良学園大・菅田大介投手(4年・京都共栄学園)が、二刀流で大学最後の試合を終えた。「4番・DH」でスタメン出場すると、七回に中前打を放って4打数1安打。七回裏からは志願の登板で、2回1安打無失点というピッチングだった。

 「ピッチャーも志願というか、昨日打たれた相手にこのまま終われないということで投げさせてもらって、無失点で最後のバッターも三振で終われたので。負けているのでスッキリとはいかないですが悔いはないかなと」

 チームとしては前日に続く敗戦で、勝ち点を落としてのフィニッシュに。個人としても思うように結果を残せなかった秋のリーグ戦となったが「今日はのびのびというか、今までできていたことができていたんですけど。(大学4年間は)高校の3年より短かったです」と振り返った。

 この日は阪神と中日のスカウトらが視察に訪れていた。「次のステップに行く準備はしていかないといけないなと」。ドラフト会議での吉報を待つ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス