文字サイズ

日本ハム・栗山監督辞任へ 後任候補に中日・小笠原2軍監督、荒木2軍監督

 日本ハム・栗山英樹監督(58)が今季限りで辞任する意向であることが25日、分かった。既に続投要請をしている球団は全力で慰留に努める方向だが、本人の辞意は固いとみられる。退任が決定した場合、後任監督には外部招聘(しょうへい)なら球団OBの中日・小笠原道大2軍監督(45)、内部昇格なら荒木大輔2軍監督兼投手コーチ(55)らが候補に挙がる。

 1年契約で挑んだ就任8年目の今季は“栗山流オープナー”や大胆な守備シフトなど、日本球界の常識を覆す新戦略を次々と敢行。7月末までは首位争いを演じていた。だが、8月に月間20敗を喫して優勝戦線から脱落。2年ぶりのBクラスが確定し、覚悟を決めたもようだ。

 この日、伊丹空港で取材に応じた指揮官は「何度も言うように全部終わってから。自分でそうやって決めているので」と去就について明言を避けた。26日からのオリックス2連戦(札幌ドーム)では、実松と田中賢の引退セレモニーが実施される予定。最後まで将としての責務を全うし、勝利に導くと誓った。

 シーズン中から来季続投の方針を伝えていた球団は、まだ本格的な後任の選定作業を進めていないとみられる。栗山監督の慰留を断念した場合、直ちに詰めていくことになる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス