文字サイズ

巨人、M9足踏み 原監督「点を取られすぎ」

 「DeNA10-4巨人」(11日、横浜スタジアム)

 優勝マジック再点灯から一夜明け、投手陣が大崩れして巨人がDeNAに大敗した。ソトに3本塁打を浴びるなど計10失点。原監督は「ちょっと点を取られすぎだね。バッテリーコーチに言っておいて、少し気持ち悪いくらいに」と、配球面にも怒り心頭だった。

 二回、先発桜井がソトにバックスクリーンの「七回裏」部分を直撃する先制弾を浴び、三回には真ん中カーブを左翼席上段へ2打席連続被弾。さらに八回、マシソンも高めの直球を右翼席へ運ばれた。本塁打王を争う坂本勇に4本差をつけられる手痛い3発。チームとしてもソトには今季11本塁打と打たれすぎだ。相川バッテリーコーチも「大事な試合を落として申し訳ない」と反省した。

 試合中に原監督は相川バッテリーコーチ、炭谷に今後の対策を練るように指示した。優勝へ足踏みの1敗。宮本投手総合コーチは「ペナントレースでよかったぐらい。CS、日本シリーズだったら1球で壊れる」と先を見据える。ソト対策は急務だ。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス