文字サイズ

楽天・石井GMが最大級の評価「即戦力に近い、未完の大器」大船渡・佐々木を初視察

 「侍ジャパン壮行試合、高校日本代表5-5大学日本代表」(26日、神宮球場)

 楽天・石井一久GM(45)が26日、U18W杯の壮行試合を視察。大船渡・佐々木を初視察し「良い球を投げていましたね。即戦力に近い、未完の大器」と最大級の評価を下した。

 「プロに入ってもトップレベルの投手に育つことは間違いない」と話し、仮に今秋ドラフトで指名した際には「場数を踏ませるプランを作らないといけない。下でずっと使えば育つものでもない」と1年目から定期的に1軍で起用して成長を促す案も示した。

 星稜・奥川、明大・森下とともに「アマチュアBIG3だと思う」と最高評価をしつつも、「あまりに(競合の)デメリットがあれば野手を取りたい。もう少し議論をしないと」とし、チームプランと照らし合わせながら、慎重に1位指名を決める姿勢を示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス