文字サイズ

T-岡田 プエルトリコWL派遣 プロ14年目で異例!オリックス「考えた結果」

 オリックス・T-岡田外野手(31)が11月中旬からプエルトリコで始まるウインターリーグに派遣されることが24日、明らかになった。

 チームは逆転CSに向けて奮闘を続けているが、T-岡田は打撃不振もあり、わずか19試合の出場で打率・122、1本塁打、2打点と精彩を欠いた。現在も2軍戦に出場する日々が続いている。

 球団では31歳とまだまだ老け込む年齢ではないと判断。かつての本塁打王の再生に向けて最善の策を探ってきた。その中でメジャーリーガーも数多くプレーするプエルトリコという“新天地”が浮上。ベテランの主力選手派遣というプランを採用するに至った。

 球団関係者は「われわれはT-岡田を必要としているということです。長年、主力として活躍してきてくれた彼がどうすれば輝きを取り戻してくれるのかを考えた結果です」と説明した。

 ほかに鈴木優投手(22)、育成の漆原大晟投手(22)も派遣される。

 DeNA・筒香が2015年オフにドミニカ共和国のウインターリーグに参加した例はあるが、プロ14年目のベテランの派遣は異例中の異例。2010年の本塁打王が異国の地で再生の道を探ることになる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス