文字サイズ

中日・大野雄7回2/3を無失点 投手陣奮闘も打線振るわず

 「中日0-0阪神」(13日、ナゴヤドーム)

 中日は序盤での拙攻が響いて打線が流れをつくれず、今季2度目の引き分けとなった。7回2/3を無失点に抑えた大野雄を援護して勝利投手にすることができず、与田監督は「いろいろな細かいところを練習してやっていくしかない」と話した。

 一回に大島とアルモンテの左前打で1死一、二塁とした。絶好の先制チャンスは主砲のビシエドが遊ゴロ併殺打に仕留められた。連打で2死一、二塁とした二回も大野雄が凡退。青柳の好投もあり、三回以降は1イニングでの複数安打がなかった。八回無死一塁も亀沢のスリーバント失敗などが響き、走者を進められないなど最後まで決め手を欠いた。

 一方、大野雄の後を受けた藤嶋、岡田らの救援投手陣は全員が好結果を出した。指揮官は「みんな良く投げてくれた」と評価した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス