文字サイズ

横浜・及川が号泣「当てるのがうまかった」ノーシード相模原にまさかの逆転負け

相模原に敗れ号泣する横浜・及川(中央)=横浜スタジアム(撮影・棚橋慶太)
2枚

 「高校野球神奈川大会・準々決勝、相模原8-6横浜」(25日、横浜スタジアム)

 4連覇を狙った横浜が、ノーシードの相模原に5点差をひっくり返され、まさかの逆転負け。12年以来7年ぶりに4強進出を逃した。

 5点リードの七回、2点差に迫られてなお1死二、三塁からエース及川がマウンドへ。だが、相手の勢いを止められず、同点の2点適時打を許した。

 直後の攻撃で再び1点を勝ち越したが、その裏に及川がつかまった。先頭の安打から犠打、死球で1死一、二塁。ここで右翼線へ逆転の2点三塁打、さらに犠飛を許した。

 プロ注目で高校球界の“ビッグ4”と呼ばれた及川は号泣。1回2/3を3安打3失点の投球を振り返り、「ベストではなかったですが、悪くはなかった」と言い訳をせず。決勝打を浴びた場面については「得意球のスライダーでゲッツーを取りたいなと思ったが、当てるのがうまかった」と唇をかんだ。

 プロ注目の左腕は進路について「まだ分からないが、(周囲と)話し合っていけたら」と、具体的には明言せず。高校野球生活については「楽しいこともつらいこともあったが自分の人生の財産になった。横浜で野球ができてすごく成長できた」とうなずいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス