文字サイズ

大船渡・佐々木「少しギアを上げた」6回ノーノー13Kの衝撃投球で16強

2回、空振り三振を奪う大船渡・佐々木朗希=岩手県・花巻球場(撮影・堀内翔)
3枚

 「高校野球岩手大会・3回戦、大船渡10-0一戸」(18日、花巻球場)

 最速163キロ右腕、佐々木朗希投手(3年)擁する大船渡が6回コールド勝ちで、16強入り。先発の佐々木は6回を無安打無失点1四球、打者19人から13奪三振の快投を見せた。最速は155キロを2度計測した。

 日本ハムとDeNA以外の国内10球団と米3球団、計27人のスカウトが熱視線を送るなか、衝撃の奪三振ショー。試合後、“令和の怪物”は「少しギアを上げました。ストレートで空振りを奪えていたので、良かったと思います」と振り返った。

 立ち上がりから150キロ超えの直球を連発し、二回まで4者連続を含む5奪三振。6番をこの日の最速155キロで空振り三振を奪うと、客席からどよめきが起こった。

 三、四、五回も2つずつ三振を積み上げ、計11奪三振。四回、四球で唯一の走者を背負った2死二塁のピンチでは再び155キロを計測するなど、4番を空振り三振で無失点に抑えた。

 六回も2個の三振を加え、トータル13奪三振。主に直球、スライダーの組み立てながら、相手打線は全く対応できなかった。

 初戦は最速147キロとセーブしながら2回完全投球。4回戦へ向けて、右腕は「自分のベストを尽くしていきたい」と抱負。徐々にギアを上げ、甲子園を目指す。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス