文字サイズ

日本ハム 打球直撃の上沢は左膝骨折 回復手術受け全治5カ月の重傷

18日、DeNA戦でソトの打球が直撃し倒れ込み痛がる上沢
1枚拡大

 日本ハムは19日、上沢直之投手(25)が18日に東京都内の病院で検査を受けた結果、「左膝蓋(しつがい)骨骨折」と診断されたと発表した。同日に左膝蓋骨の整復固定術を受け、無事に終了した。全治5カ月の見通しで、10日間程度入院し、退院後は千葉・鎌ケ谷の2軍施設でリハビリを開始する。

 18日・DeNA戦の六回2死の場面でソトの強烈な打球を左膝に受け、担架で運ばれた後に救急搬送されていた。

 今季の開幕投手を務めた上沢はここまで11試合に登板して5勝3敗、防御率3・15。有原と並ぶ先発投手陣の柱の離脱は、チームにとって大きな痛手だ。

 栗山監督は「野球の神様が彼に何を求めているのかを考えると、こちらは苦しくなる。直(上沢)も苦しいと思う」と険しい表情で語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス