文字サイズ

ヤクルト土壇場再逆転星にも…小川監督「石川に申し訳ない」 石川の白星消え

 西武に競り勝ち、タッチを交わすヤクルトナイン=メットライフドーム
1枚拡大

 「交流戦、西武5-6ヤクルト」(15日、メットライフドーム)

 ヤクルトが土壇場で逆転し、シーソーゲームを制した。

 二回に山崎が右中間への適時二塁打を放って先制。三回はバレンティンの2点左前適時打、八回は青木の10号右越えソロで加点した。

 ところが、4点リードの八回、それまで2安打無失点の快投を見せていた先発・石川が連打を許して降板すると、代わった梅野が連続押し出し四球で2点差に。なお2死満塁から、3番手・マクガフが中村に走者一掃の適時二塁打を浴び、一気に逆転された。

 それでも、1点を追う九回に中村の内野安打と相手失策、犠打野選で無死一、三塁とし、代打・荒木の右前適時打で同点。さらに1死二、三塁から山田哲の右犠飛で勝ち越し。その裏を石山が三者凡退で封じた。

 小川淳司監督は、再逆転での勝利に「取り返してくれて、執念ということになるかな」としつつ「本当はその前で食い止めなきゃいけない。継投ミスになるかな」と笑みはなし。「石川には申し訳ないことをした。いいピッチングだったのでね。打たせて取る持ち味、相手が打たされている感じだった」と、好投が白星に結びつかなかったベテランにわびていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス