文字サイズ

ロッテ・鈴木、反撃の8号2ラン 2試合連発、昨季の本塁打数に並んだ

 「交流戦、巨人-ロッテ」(9日、東京ドーム)

 ロッテ・鈴木が反撃の足がかりとなる一発を放った。

 6点差の五回1死。一塁に内野安打の荻野を置いて1-0から菅野の変化球をジャストミート。2試合連続となる右翼席への8号2ランとなった。

 「まだ負けているので、昨日みたいにひっくり返せるように最後まで諦めないで頑張るだけです」

 昨季は143試合に出場して8本塁打。早くも58試合目で並んだ。今季はレアードの加入もあって開幕戦では出番がなかった。だが、内野の全ポジション、さらに左翼も守るなど与えられた場所での全力プレーを続けている。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス