文字サイズ

西武・金子侑の打球が右翼ポール“スレスレ”へ 超微妙判定でリプレー検証 1号幻に

 6回、一度は本塁打の判定を受けたが、二塁打に変更となりがっくりの金子侑(撮影・中田匡峻)
3枚

 「交流戦、DeNA-西武」(7日、横浜スタジアム)

 西武・金子侑の打球を巡り、極めて微妙な“スレスレ”の判定が下される一幕があった。

 3-2と1点リードしていた西武・六回の攻撃。2死から金子侑が投手・今永から放った飛球は風に流されるようにして右翼ポール際へ。結果的に打球はスタンドへ入ったが、ポールに当たったか、フェンスに当たったか、瞬時に判断するのは難しい打球だった。

 一度は本塁打の判定が下されたが、審判団が集まってリプレー検証を実施。数分間に及ぶ長い検証の結果、二塁打に判定が変更された。審判からはフェアゾーンの右翼フェンスに当たり、その後、ファウルゾーンのスタンドに入った、という主旨の説明がなされた。NPBによる公式サイトにはエンタイトルツーベースと記載された。

 本塁打なら今季1号だった金子侑は二塁へ戻り、愛斗は敬遠。打順が投手の高橋光にまわり空振り三振。西武はこの回は得点できずに攻撃を終えた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス