文字サイズ

阪神含めプロ8球団スカウト視察 立命大・坂本が無四球完投!リーグトップ4勝目

 「関西学生野球、立命大7ー2近大」(7日、ほっともっとフィールド神戸)

 3回戦2試合が行われ、立命大と関学大が勝利し、それぞれ勝ち点を挙げた。立命大はプロ注目の左腕・坂本裕哉投手(4年・福岡大大濠)が9回4安打2失点(自責0)の完投勝利でリーグトップの4勝目。近大に対し、試合数が多い状況で、勝ち点が並んだことで優勝に前進した。

 5日の1回戦での完封勝利に続き、またも近大・村西良太投手(4年)とのエース対決を制し、リーグトップの4勝目。「球のスピードを抑えてもコースにいけば抑えられると」。無四球での完投勝利を、坂本は笑顔で振り返った。

 「近大のことを考えて冬もやってきたので、その取り組みが報われたというか。最高の結果が出てうれしい」

 この日は阪神や巨人らプロ8球団のスカウトが視察した中、最速147キロを記録した直球に変化球を巧みに交えた。阪神・熊野スカウトは5日の投球と比べ「今日の方が良かった。キレもあるしコントロールも良くて一皮むけたんじゃないか」と高く評価した。

 近大より試合を残した状況で勝ち点が並び、優勝に前進。「ここが天王山だと思っていたので」。大一番で快投を披露できる勝負強さも価値あるものだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス