文字サイズ

日本ハム・西川 12球団令和初の先頭打者弾も勝利ならず

 1回、右越えソロを放ちポーズを決めながらホームへ向かう西川遥輝=ZOZOマリン
1枚拡大

 「ロッテ3-2日本ハム」(4日、ZOZOマリンスタジアム)

 日本球界随一の韋駄天(いだてん)が、12球団令和初となる先頭打者弾を放った。バックネット上部に掲げられた鯉のぼりが風で揺らめく中、日本ハム・西川はピースポーズ。電光石火の一撃に胸を張った。

 カウント2-2からの5球目、ボルシンガーの直球を右中間のホームランラグーンへ。「調子は悪いので、ラッキーとしか言いようがない」。三回に今季6個目の盗塁を決めたが、2三振を含む3度の凡退は反省材料だ。

 2-1の八回に中継ぎエースの宮西が逆転を許し、西川の一発を勝利に結びつけることはできなかった。それでも、栗山監督は「切り替えてしっかりやっていきます」と前を向く。勝率5割で西武、楽天と並ぶ2位。必死に食らいついていく。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス