文字サイズ

オリックス先発・山本は6回4失点「勝負どころでの制球が…」

6回、横尾に2点適時二塁打を打たれ、肩を落とす山本。左は生還した中田(撮影・吉澤敬太)
3枚

「オリックス-日本ハム」(18日、ほっともっとフィールド神戸)

 オリックス・山本が6回5安打4失点で無念の降板となった。

 3回まで日ハムの強力打線を相手に1人の走者も許さないパーフェクト投球。立ち上がりは良かったが、四回に大田、王柏融に連打で先制を許した。その後もピンチで踏ん張りきれず、中田と横尾に連続タイムリーを浴び、悔しさをにじませながらマウンドを降りた。

 降板後は「四回以降はなんとか最少失点で抑えようと思っていましたが、ボール球が多くなってしまったり、勝負どころでの制球が甘く入ってしまいました」と反省。プロ3年目の若き右腕の成長に期待したい。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス