文字サイズ

ロッテあぁ勝てん4連敗 暴投、悪送球…七回2/3から逆転で

 「日本ハム3-1ロッテ」(14日、札幌ドーム)

 逆転負けの幕が突然開いたのは1-0の七回2死からだった。ロッテの3番手・松永が代打・渡辺と西川に連打を浴び一、三塁。大田を迎えて4球目が大暴投となると、三走・渡辺に同点の本塁を踏まれた。

 さらに一、二塁で近藤の初球に二走・西川が三塁を狙うと、捕手・田村の送球は左翼方向への“暴投”。西川の生還を許して勝ち越され、近藤にも適時二塁打を浴びてアッという間の3失点。

 井口監督が厳しい表情を浮かべた。「点の取られ方が悪い。攻撃にしても大事な場面でバントをしきれない。接戦を勝てない」。田村は「刺せると思ったので投げた。投げないという選択肢はなかった。技術不足です」と魔のワンシーンを振り返った。

 今季2度目の4連敗で借金は6。幕張に帰って再建劇の幕は開くか。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス