文字サイズ

中日、京田&堂上が満塁弾!セ12回目、1試合チーム2本のグランドスラム

8回、満塁本塁打を放った中日・堂上直倫はナインとタッチを交わす=甲子園(撮影・北村雅宏)
4回、満塁本塁打を放ち、ナインとタッチを交わす京田(撮影・北村雅宏)
8回中日2死満塁、中日・堂上直倫は左越えに満塁本塁打を放つ(投手 阪神・岩崎優、捕手 阪神・梅野隆太郎)=甲子園(撮影・山口登)
3枚3枚

 「阪神-中日」(13日、甲子園球場)

 中日がプロ野球タイ記録となる1試合チーム2満塁本塁打をマークした。セ・リーグで1チーム1試合2本の満塁本塁打を記録するのは12回目。両リーグでは26回目。

 まずは2-1で迎えた四回。阪神先発の岩貞から中日の七番・大島、八番・加藤が連打。九番・投手の柳もバント安打と3連打で無死満塁に。二回に適時打を放っている一番・京田に打順が戻り、その初球、甘く入ったスライダーを右翼席へはじき返した。

 そして、6-2で迎えた八回。この回から登板した岩崎から、2四球と失策で満塁とし、2死になってから五番・堂上が打席へ。カウント2ボールから左翼席に飛び込むグランドスラムを放ち、試合を決定づけた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス