文字サイズ

中日・与田監督 開幕投手は笠原 3年目左腕に大役託す

 テレビ収録を終え、記者の質問に答える与田監督=東京都内のホテルで
1枚拡大

 中日・与田剛監督(53)は18日、今季の開幕投手を笠原祥太郎投手(24)に託すことを明かした。大役を託された3年目左腕は「開幕戦だからといって意識せず、143試合の中の1試合だと思って、いつも通り投げられたらいいと思います」と平常心でマウンドに立つ考えを明かした。

 オープン戦は初登板だった2月23日のDeNA戦こそ3回4失点だったが、その後は安定感抜群。中でも今月9日のロッテ戦は6回無安打無失点。開幕投手の本命が、文句なしの結果で栄誉を引き寄せた。

 「いろいろな人から『開幕でしょ』って言われていたので、なんとなく準備はしていました。びっくりというよりも、気が引き締まる感じはありました」。横浜でのDeNA戦は過去4試合で3敗だが、進化した姿で負のデータをかき消す。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス