文字サイズ

オリックスドラ2頓宮がOP戦2号「うまく前でひろうことができました」

3回、先制2ランを放ちオリックス・西浦颯大(左)とハイタッチを交わすオリックス・頓宮裕真=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
1枚拡大

 「オープン戦、広島-オリックス」(16日、マツダスタジアム)

 オリックスは三回1死から西浦が中前打で出ると3番・頓宮裕真内野手は初球の変化球を捉え滞空時間の長い飛球で左翼スタンドまで運ぶ先制2ラン。

 「打ったのはカットボールかスライダーだと思います。一塁ランナーの西浦が足も速いので、外のストレートを待っていたんですが、うまく前でひろうことができました。ヘッドも効いていましたし、うまく打てたと思います」

 ドラフト2位の頓宮はチーム1号となった5日のヤクルト戦(京セラ)以来となるオープン戦2号となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス