文字サイズ

清原和博氏の依存症啓発イベント登場 オファーした医師の思いとは

 イベントに登場する清原和博氏=6日
1枚拡大

 2016年2月、覚せい剤取締法違反で逮捕され、懲役2年6カ月、執行猶予4年の判決を受けた元プロ野球選手・清原和博氏(51)が6日、都内で行われた依存症の理解を深めるための啓発イベントに登場。薬物やアルコールなどの依存症に苦しむ人に向け、「勇気を出して専門の病院に行ってほしい」などと助言した。

 清原氏が人前で事件について語るのはこの日が初めて。厚生労働省が主催したイベントで、対談の相手を務めた国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦氏がオファーした経緯を明かした。

 イベント出演のきっかけは、昨年発売された清原氏の著書。松本氏は「企画委員のひとりで僕がいましたが、その時に『清原さんに登壇してもらえたらいい』と話が出た。あの本に書かれていることを見て、『自分の問題と向き合っているな』と。今のこの状態ならぜひ出てほしいと思った次第です」と説明した。

 同イベントは依存症に関する誤解、偏見を解消し、依存症に苦しむ人、その家族が適切な治療、支援につながる行動変容を促すことを目的にしている。松本氏は清原氏の登場時間を5分程度に制限するなど配慮しつつ、報道陣に対しての要望も口にした。「回復の力に成るような、依存症の治療を受けることが恥ずかしいことではなく、称賛されることなんだと多くの方に知っていただく記事にしてもらえると、社会を変えていく第一歩になるのではないでしょうか」。

 壇上では「逮捕されて3年、コツコツと治療してきて厚生労働省に認めて頂きうれしい」と清原氏。会場からは拍手が起こり、出席者からは「ありがとうございます!」の声も飛んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス