文字サイズ

巨人・丸の第1打席 古巣のカープファンは拍手で迎える 空振り三振でより大きな拍手

 「オープン戦、広島-巨人」(5日、マツダスタジアム)

 巨人・丸佳浩外野手が古巣相手に2番・中堅で出場。一回、1死で迎えた打席ではブーイングはほとんどなく、カープファンから拍手が起こった。

 注目の打席では左腕、床田の直球にタイミングが合わず、空振り三振。カープファンからはより一層、大きな拍手が沸き起こった。

 過去、昨年現役を引退した新井貴浩氏が広島から阪神にFA移籍した際は、大ブーイングが浴びせられた。丸自身、前日4日は「(去年までと違い)三塁側でやるので、景色だったり、雰囲気は多分違うと思う」と語っていた。

 異様な空気になることも懸念されていたが、3連覇の立役者にカープファンは温かい対応。先発の床田に大声援を送った。

 三回、丸の第2打席は冷静にボール球を見極め、四球を選んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス