文字サイズ

巨人 オープン戦は黒星スタート 菅野2回2失点、新1番の吉川尚が2安打2盗塁

3回巨人無死二塁、打者・丸佳浩の時、ワイルドピッチで三進する巨人・吉川尚輝=沖縄セルラースタジアム那覇(撮影・西岡正)
1枚拡大

 「オープン戦、巨人3-6楽天」(23日、沖縄セルラースタジアム那覇)

 巨人はオープン戦黒星スタートとなった。

 実戦初登板となった菅野は2回2安打2失点。最速151キロをブラッシュにソロ被弾されるなど、制球が安定せず「力みすぎた。反省点が多い」と振り返った。

 育成の坂本工が1回1/3を無安打無失点と好投。支配下昇格へ前進し、「こういう形を一試合一試合、続けていきたいです。絶対、支配下登録されて一軍で活躍したい」とコメントした。原監督がセットアッパーとして期待する吉川光も1回無失点と結果を残した。

 打線は背中の張りを訴えた主砲岡本を欠く布陣。存在感を示したのは新1番の吉川尚で、2安打2盗塁。実戦は18打数10安打となった。

 4番に座ったゲレーロが適時打を放ち、1安打1打点。右翼のレギュラー候補、陽岱鋼がオープン戦のチーム1号を含む2安打1打点と存在感を示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス