文字サイズ

黒田級フロントドア!DeNAドラ3・大貫“魔球ツーシーム”披露

 「DeNA春季キャンプ」(3日、宜野湾)

 DeNAのドラフト3位・大貫晋一投手(25)=新日鉄住金鹿島=が、左打者の体方向からストライクゾーンへ曲がるツーシーム「フロントドア」を披露した。元広島・黒田が使った“魔球”。ブルペンをチェックしたラミレス監督は、現段階で「先発の候補」と評価した。

 直球を中心に計40球。カーブ、ツーシームも投げた。プレートは一塁側を踏む。「ツーシームがあるので、その動きを出すために」。決め球はスプリットだという。ツーシームとフォークのコンビネーションでメジャーでも活躍した黒田氏をほうふつとさせる投球スタイルだ。

 ラミレス監督は「かなりコントロールもいいのかなと。基本的には先発の候補として考えています」と話せば、三浦投手コーチも「フォアボールで苦しむ感じではない」と期待を寄せた。

 この日、誕生日を迎えた右腕は「25歳なので、今年に懸けるというか。スタートダッシュを決めたい」と意気込んだ。アピールを重ね、開幕1軍をつかみ取る。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス