文字サイズ

ロッテ・ドラ1藤原 最後の自主トレで120メートル弾 車の屋根を直撃「申し訳ない」

今年の1文字に成を掲げた藤原=大阪桐蔭高校グラウンド
3枚

 ロッテのドラフト1位・藤原恭大外野手(18)が6日、大阪・大東市の大阪桐蔭高校野球部グラウンドで自主トレを公開した。

 バシッと振り抜いた打球は右翼方向へグングンと伸びた。

 約10メートルの防御ネットを飛び越えて駐車場に停めていた車の屋根を直撃した。推定120メートル弾だ。

 「あそこまで飛ばしたのは2本目くらいですかね。申し訳ないことをしました…」

 1年後輩の両親が所有する車だった。練習後には記念のボールにサインをして手渡す場面があった。

 8日には浦和寮に入寮する。慣れ親しんだグラウンドとはこの日でお別れとなり、鍛えてくれたグラウンドに感謝の一打となった。

 「レベルの高い世界に入る。(高校時代は)甲子園を目指してやってきたが、これからはもっと上を(狙う)気持ちでやる」

 年末は少し体を休めたが、年明けとともに始動。この日、後輩たちと汗を流した。

 年末に高校の先輩である西武・森友哉捕手(23)から打撃指導を受けた。「下(半身)の使い方です。左の股関節の入れ方です。お尻が大事で、打球を捉える確率が上がりました」と振り返った。

 使用した木製バットは試合用の880グラムより70グラムほど重い950グラムだ。グリップは細めにしてある。「スイングスピードの強化です」と今後の課題を見据えてのことだった。

 高校時代の思い出に「冬練習」を挙げた。朝7時から夜の10時まで野球漬け。「人生で一番しんどかった。これよりしんどいのはないと思います」。いまではいい思い出だ。

 今年の1文字に『成』を掲げた。「1年目からプロで成長できるように」。藤原が表情を引き締めながら、キッパリと言った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス