文字サイズ

オリックス・近藤は2度目でサイン 350万増の年俸3850万円 今年は“悔”

2度目の交渉で350万円アップを勝ち取った近藤
1枚拡大

 オリックス・近藤大亮投手が12日、大阪市此花区の球団施設で2度目の契約更改交渉に臨み、350万円アップの年俸3850万円でサインした。

 「今年を漢字一字で表すなら“悔”。CSに行けなかった。中継ぎとして50試合以上投げられたのは良かった。成績が落ちたのは投球スタイルを変えずにきた結果。投球術、配球を見直さないといけないと痛感した。年齢的に考えて、来季はブルペンのリーダーとして引っ張りたい。中継ぎ陣一丸となってチーム防御率を少しでも下げていきたい」

 前回11月30日の1回目の交渉では現状維持の提示を受けた。金額ではなく、中継ぎの査定について話し合ったが、時間が足りなかったため保留した。

 近藤はプロ3年目の今季、52試合に登板し、3勝3敗9ホールド、防御率3・33だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス