文字サイズ

張本勲氏、「丸抜けても広島は大丈夫。優勝に絡んでくる」来季“セ界事情”を占う

 プロ野球最優秀バッテリー賞の表彰式が12日、都内で行われ、選考委員の張本勲氏(野球評論家)が来季の“セ界事情”を占った。

 張本氏は受賞した広島の大瀬良大地投手と会沢翼捕手、西武の多和田真三郎投手と森友哉捕手とともに表彰式に出席すると、両バッテリーが所属する広島や西武について口を開いた。

 主軸の丸佳浩外野手が巨人にFA移籍した広島については、「丸が抜けても広島は大丈夫」と明言。理由については「総合力」をポイントに挙げて、一塁走者が左前打で三塁まで進塁できる走塁面を高く評価。「記録に出ない走塁がありますから優勝に絡んでくる」と予想した。

 一方、丸だけでなく西武からFAで炭谷銀仁朗捕手を獲得するなどの大型補強を敢行している巨人についても言及。巨人OBでもある張本氏は炭谷について「戦力としてはあんまり考えてないですから。(期待されているのは)周りの刺激」と語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス